ブログ


~お掃除のコツ~  要注意!!お掃除をする際の注意点!なぜ”まぜるな危険”?

日頃は弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

 

スーパーやホームセンターで取り扱っているお掃除用洗剤を手に取ってよく見てみると「まぜるな危険」という表記がされているものをみかけませんか?

 

こちらの表記は塩素系の洗剤と酸性タイプの混在による塩素ガスの発生を防ぐための注意喚起で、「家庭用品品質表示法」に基づいて塩素系の洗剤への記載が義務付けられています。

日々のお家のお掃除の中にも思わぬところに危険な落とし穴があります。今回はそういったお掃除をする際の注意点を共有していこうと思います。

 

 

**命にかかわるキケン!!塩素ガスとは?**

 

”まぜるな危険”の表記が記載されているのは主に塩素系の洗剤です。塩素系の洗剤で主だったものは

・カビ取り用の洗剤(カビキラーなど)

・塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)

・洗濯用塩素系漂白剤(ブリーチなど)

・排水溝洗浄剤(パイプマンなど)

が代表的なものとなります。用途は漂白・除菌です。臭いが特徴的で学校のプール等に特有のあの鼻にツンとくる臭いは誰もが記憶に残っていると思います。

 

塩素系の主成分である次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)で、アルカリ性に調整されています。そのため酸性の洗剤と混ざると反応が起こってしまい次亜塩素酸が分解された結果

有毒な塩素ガスが発生してしまいます。

 

++塩素ガスが発生したらどうなるの?++

 

塩素ガスに触れたり吸い込んだりすると、次のような症状を引き起こしかねません。

 

  • 皮膚や目に、刺激や痛みを感じる
  • 鼻の奥やのどに、刺すような痛みと刺激臭を感じる
  • 気分が悪くなる、息苦しくなる、咳や窒息感、のどの腫れ、頭痛、めまい、吐き気などの症状
  • 多量の塩素ガスを吸い込むと、呼吸困難・脈拍減少・チアノーゼ・咽頭痙攣などの命に関わる症状を引き起こし、ショックでに至るケースもある

 

実際に、お家のお掃除中にこの反応を起こしてしまいお亡くなりになられたケースもあるくらい、とても危険度の高いものとなっております。

 

 

 

ーー塩素ガスが発生してしまいやすい行動ーー

 

お掃除のコツの記事でも触れましたが、水垢や尿石を落とすような洗剤は酸性洗剤のものが多いです。

このような汚れが発生するのは・・・?そう!風呂場とトイレです!   例えば・・・

 

・風呂場の天井にカビキラーを散布し、同時に床を酸性の洗剤で掃除する

・酸性の洗剤を使用した後、よく水で洗い流さないままカビキラーを散布する

・酸性洗剤を使用した後、よく流さずに排水溝をパイプクリーナーで洗浄する

 

ついやってしまいがちですが、大変危険な行為です!!

 

他にも、酸性の洗剤などが付着した服を塩素系漂白剤を用いて洗濯しようとする、などが挙げられます。

洗剤を使用する際は成分・液性を意識するようにし、特に塩素系の洗剤を用いるときはよく注意しましょう。

 

 

==もし誤って混ぜてしまったら?==

 

・立ち上がる→塩素ガスは空気より重く、床の方からたまっていきます。

・その場から離れる→ツンとする独特な刺激臭が塩素ガスの特徴です。匂いがしたらすぐにその場を離れましょう。

・換気する→発生した塩素ガスは、窓を開けたり換気扇を回したりして、外に排出しましょう。

 

応急処置として、

 

過度に吸い込んだり、体調に異変があったときは・・・すぐにその場を離れて、目を洗ったりうがいをしたりする。状況が改善しない場合は、病院で診察を受ける。

皮膚についたときは・・・ヌメっとした感じがなくなるまで、すぐに水道水で洗い流す。異常がみられる場合は、病院で診察を受ける。

目に入ったときは・・・流水で15分以上目を洗い、すぐに病院で診察を受ける。

口に入った、誤って飲んでしまったときは・・・コップ1~2杯ほどの水または牛乳を飲ませ、すぐに病院で診察を受ける。

 

これらは覚えておきましょう。

また、お掃除の際はマスク・ゴム手袋を装着して行うとより安全にお掃除ができます。

 

 

以上、お掃除をする際の注意点を紹介させて頂きました。

 

 

トイレ掃除のやりかたはこれ!記事はこちら↓

~お掃除のコツ~ トイレ掃除 おススメお掃除動画紹介!

 

 

 

引用元:

 

「混ぜるな危険」に要注意!具体例や対処法も解説 – ミツモア (meetsmore.com)

 

洗剤などの「混ぜるな危険」は命に関わる!危険な理由と仕組みを解説|生活110番 (seikatsu110.jp)

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 大光物産株式会社. All rights Reserved.