ブログ


買い取り業務を行いました。 買い取りってしてもらえないものかしら?買い取り事情教えます!

日頃は弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

 

今回は松山市宮田町にて、遺品整理のご依頼がありました。

亡くなられたお母様のお住まいの家電の回収と、骨とう品の査定・買い取りをして欲しいとのことでした。

買い取りは別の業者にすでにお願いしていたそうですが、買い取り価格に納得がいかず弊社にご依頼を、と考えて頂いたとの事です。

 

誠意をもって査定させた頂いた結果、買い取りのお品物は稀覯本や使える状態で傷みの少ないアンティークなどが多く、軽トラック一台分ほどの量の家電を回収しましたが、骨とう品の買い取り金額で回収代金の3/4を賄う事ができ、お客様も大変喜んでおられました。

 

 

買い取り市場の現状

 

本の査定は難しく一概に基準を設けることはできませんが、古い本でも学術的価値が高い物、また文庫化・電子化されておらず市場での出回りが稀で希少価値のついている物は高額で買い取りしてもらえる場合もございます。

 

私の家には本はあまりありませんが、音楽鑑賞が好きなのでCD、レコード、カセット、ダウンロード問わず買い集めております。

昨今はあらゆる媒体の音源をデジタル化する方法が確立されているので、”場所もとるし、曲はPCに取り込んで音源は処分してしまおう”と思い立つコレクターも増えているそうです。

ある著名な評論家の方が自宅のレコードコレクションの一部を査定に出したところ、高級車を買えるほどの値段が付いた、という話もあります。

 

 

景気の良い話をしておいて恐縮ですが、よほど熱心なコレクターで質も量も店が開けるほど充実してる!ということでもない限り、今はほとんど

 

 

二束三文になれば御の字、値段がつかなくても引き取ってもらえるだけラッキー

 

 

というのが実情です。

買い取り大手であれば、保存状態、出版日・バーコードの表記法をパッと見てある一定以上年数が経っているものは軒並み1冊〇〇円、といった感じです。

アルバイトの人間でも簡単に査定ができるようマニュアル化されているためそこに市場価値や初版・プロモ盤かどうかといった情報が入る余地は一切ありません。

査定にかける時間は一冊〇秒で!という指導までしているところもあります

 

 

なので、「コレクション価値はわからないけれど、とにかく早急にモノを処分したい!」という時は街のリサイクルショップなどに持ち込むことをお勧めしますが

時間や手間に余裕があるのであればネットオークションやフリマアプリに出品するのがいいでしょう。

 

 

ーフリマアプリー

メルカリ メルカリ – 日本最大の売れるフリマサービス (mercari.com)

 

楽天ラクマ 楽天ラクマ(旧フリル) | 楽天のフリマアプリ – 中古/未使用品がお得! (fril.jp)

 

ーネットオークションー

ヤフーオークション ヤフオク! – 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ (yahoo.co.jp)

 

 

新規会員登録や品物の写真撮影や状態の記入など煩わしい手順がありますが、パソコンやスマホの操作に抵抗がなく、少しでも高く買い取ってもらいたい方には現状この方法がベストです。

ご自身で値段を設定できるので、これらのサイトやamazonの出品サービスで品物を検索すれば大体の値段の相場がわかるので、それに参考にして値段設定して購入してくれる人を待ち受けてみましょう。値段はいつでも変更できるので状況を見ながらいつでも値段を再設定できます。

 

 

時間や手間を省きたい方には、買い取り業者がおススメ!

 

今回のご依頼のように、業者にお願いする方は時間が取れなかったり、量が多すぎて御自身の手に余るような方なわけですが、注意してほしいのが

”高価買取!”  ”〇〇、高く買い取ります!”と宣伝している業者全てが必ずしも実際に高価買取を行っているわけではないことです。

 

”とにかく早急に処分したい!けど捨てるのはさすがにちょっと・・・” 

・・・買い取り業者を利用するのはこういった場合”だけ”にした方が無難といえます。

 

また、訪問買い取りではなく、事前に買い取り業者に段ボールなどを送ってもらいこちらで梱包・発送を行うタイプの業者もあります。

リサイクルショップ等に持っていくのは大変だけど上記の作業が苦でなければ利用してもいいでしょう。

ただ、上記のフリマ・オークションサイトやamazonでの相場を参考に査定している業者も少なくないので、ある程度いい値段での買い取りを希望ならやはり自分で出品した方がいい場合が多い・・・ケースバイケースです。

 

【まとめ】

 

①多少手間をかけてでも、少しでも買った時の元を取りたい!・・・ご自身でネットで出品してみる!

 

②価値とかはわからないけどとにかく引き取ってもらえたらそれでいい!・・・リサイクルショップ、送るタイプの買い取り業者を利用!

 

③とにかく早く片づけたい!が量が多すぎてお手上げ!・・・訪問タイプの買い取り業者に依頼!

 

弊社は廃棄が専門ですが、少しでも物を大事にする世の中を目指しています。

近々、フリマサイトの使用法の紹介、またお問い合わせ受付や代行業務の開始を検討しています! 乞うご期待!

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 大光物産株式会社. All rights Reserved.